結婚の理想と現実を知り幸せな結婚生活を!のTOPに戻る


結婚前に人間関係の問題把握を

結婚をすると必ずと言っていいほどついて回るのが、相手の親や親戚を含めた「家」としての人間関係です。
互いの両親が居住地から遠い場合でも、その土地土地によって盆正月のしきたりや行事の際の考え方などが多くあります。
嫁ぎ先がいわゆる「本家筋」であった場合なども色々なしきたりがあって、結婚後に知って驚く事もよくあるといいます。
旧家名家でなくてもこうした事は起こりうることなので、結婚前には相手の育ったバックグラウンドや土地柄をある程度把握しておいたほうが望ましいでしょう。

最近では親の世代でもきょうだい間の付き合いがあっさりしている家もありますが、盆や正月には親戚一堂集まる風習というのはまだまだ珍しくないものです。
冠婚葬祭についての考え方も違いますし、細かく言えば日常の作法なども違ってきます。地方に行くとそうしたしきたりを知らない事で恥をかくという場面もまだ残っています。
そして、そうした文化的背景以前に、人として相手の親や親戚とどう付き合っていくかという問題もあります。
中にはどうしても性に合わない人もいるでしょう。そうした時に、出来るだけ事を荒立てずにうまく回避できるようにするには、やはり事前に色々知っておく事が大事になります。

自分の相手の出身地について、インターネットなどで軽く調べておいてから本人にそれとなく聞いてみるというのも一つの方法でしょう。
逆に、自分の出身地について前もって伝えておく事も必要です。そして、お互いの親については特にちょっとした機会にでも色々話すように努めましょう。
この、親や親戚についての「情報開示」が事前にあるかないかでその後の対応も変わってきます。一度でも耳にしていればある程度の心構えを持って対応できますが、いきなり初対面で何かトラブルがあった時に、何も知らないのであればいらぬ騒動に発展する事もあります。

いくら好きでも相手の親や親戚まで大好きになれる訳はありませんから、その点は割り切って大人の付き合いで乗り切るのが無難でしょう。
そして、そうした相手方の親戚関係でトラブルが起こりそうなときは必ずフォローに回ってあげる心積もりも必要です。
せっかく結婚して出来た縁なので、排他的に考えるよりは、むしろ異文化を楽しもうというくらいの心構えでどっしりと迎える準備をしてあれば慌てる事もないでしょう。

関連コンテンツ

女性から見た結婚前に話し合う事2

結婚する際に、これを事前に話し合っておけばと後悔する事もよくあると聞きます。お互いの結婚生活をより良くする為にも、前もって心構えや準備というのは無いよりは有ったほうが断然よいものです。 女性が考える・・・

男性から見た結婚前に話し合う事

結婚を語る時に、夢や理想だけでなく現実的な話をしておかなければならないと思うのは男性にしても同じです。 ここだけははっきりさせておかないとと思うところは、男性と女性では微妙に食い違ってきます。 今・・・

男性から見た結婚前に話し合う事2

結婚前にもっとよく話し合っておくべきだったと感じる事は誰にでもある事でしょう。勿論、結婚してから改めて理解してもらったり改善をしていくという事もできますが、早めに話が出ていれば「こんなじゃずじゃなかっ・・・

女性から見た結婚前に話し合う事

結婚を前提に交際していく事を意識したら、事前に話し合っておいた方が良い事もたくさんあります。 それは男性と女性では必要とされる項目も違ってきますが、今回は女性の立場からの意見を拾い上げてみました。 ・・・