結婚の理想と現実を知り幸せな結婚生活を!のTOPに戻る


結婚を取り巻く環境と現状

少子化を危惧する声が上がっている昨今で、晩婚化や経済的な問題に加えて、これから結婚する世代が持つ結婚に対するイメージや理想とする事がどんどん変化してきているという背景があります。
そうした状況に歯止めを掛けるべく、国営のお見合い事業についても計画が浮上するほど深刻な問題となっています。
少子化は即ち人口減少に繋がりますから、将来的に年寄りが多く若い世代が少ない世の中になってくると年金や労働について色々なシステムが狂ってきます。
結婚についての現状は、単なる個人の生き方の問題ではなく国家の命運を左右しかねない問題でもあるのです。

現在は不況の状態が続いていますが、ある調査結果によると、女性が男性に望む理想年収に800万円以上を挙げる人が全体の1割以上存在しました。
しかし、現実未婚の男性で800万円以上の年収の人を探すとなると早々居ないというのが現実です。結婚する時点での収入が低くても、昔ははっきりと年功序列で賃金の上昇が約束されていましたが、現在はそうならない事の方が多いのも理由でしょう。
ですから、将来的にはある程度の経済力を持つという見通しが立たないため、男性も女性も若いうちに結婚に対して積極的になれないという状況になってしまっているのです。

そうなると交際している時点である程度の年収がある人の方が結婚しやすくなります。事実、男性年収と結婚の比率を見た時に、年収の高い人の方が明らかに結婚率が高いというデータもあります。
昔に比べて、貧乏な若い頃から一緒に頑張ってというのより、ある程度地位や収入を得た時点で結婚するのが良いとする風潮が男性にも女性にも定着しつつあると考えられます。
ですから、収入の安定してきた頃の結婚になるので自然と晩婚化になってしまうのでしょう。

他にも、女性の社会進出で出産によりキャリアを中断する事を不安に思って結婚に踏み切れない場合も昔より多く出てきました。
実際に、子供を持つ女性が働く事に対してはまだまだ厳しい社会である事にあまり変化はありません。色々な要素が複合して晩婚化、少子化へと繋がっているので明快な解決策が出せないというのが現状です。
女性だけが我慢をしなければならないという訳ではないのですが、あまりにも高い理想を持ちすぎて男性に要求するものが年代と共に高くなっているのも少し考え直す時点に来ているのではないでしょうか。
個人のライフスタイルとして、産めるのに産まないという考えも出てきました。否定はしませんが、こうした考えが蔓延すると結果的に自分の老後を支えてくれる若い世代が減ってしまう事に繋がるという認識はしておいた方がよいと思います。

関連コンテンツ

結婚して考える「幸せ」とは

結婚すると幸せになれると考えるものですが、ではその幸せとは一体どういうものなのでしょうか。 独身時代に描いていた理想が「幸せ」であると決め付けると、結婚生活を続けていくと「幸せではない」と思ってしま・・・

結婚はゴールではない

結婚は人生のゴールなどという言葉がありますが、その言葉の影響か結婚が全てだと思ったり結婚さえ上手くいけば幸せだと思い込む結婚前の女性も少なからずいるようです。 ただ、考えれば分かるように結婚は新しい・・・

なぜ結婚をするのか

生きてきてある程度年齢を重ねると、自然と結婚を意識するようになります。結婚したらこうありたいと思うのは誰でもありますが、現実はそう上手く行く事ばかりでないのも確かです。 そうした結婚への失望が出る理・・・